2012年4月 8日 (日)

4月の大潮なら沖まで歩いて行ける

20120408_143535

4月の大潮は海が干上がってしまうんじゃないか!?ってくらい潮位変動大きい。「大大潮」って感じ。(潮がひいたところと潮が引く前の画像を見比べてちょ)
沖のテトラまで、歩いてずんずん行ってしまえる。
岸からかなりの距離を進むと、「なんか俺ってワイルドだなぁ~」と感じるのであった。

20050818_065632

20120408_153028

テトラに続く磯には、貝やカニ、ウニもうろうろしている。
タイドプールには小エビや小魚がビュンビュン動き回っている。
磯遊び好きには、この時期がオススメだ。

20120408_160007

タコノマクラも見ることができた。

20120408_151411

2011年11月20日 (日)

神戸にたどりつけず・・・マラソンドタキャン

記念すべき第一回神戸マラソン、出場資格は得られた(応募者全員当選だったらしい)。
んがっ、不戦敗・・・あー、残念。

完走する体力と自信は後からなんとかすることにして、せっかくのチャンスを生かすべく、意気込んで申し込み・・・あまり練習できず、体力も自信もなんともならんかったけど。

神戸マラソンは前日までのエントリーが必要で、本人確認も厳格。
ここ甑島を前日の朝には出発しなくては間に合わない。
前日の夕方に神戸に着くことができる唯ひとつの手段は、熊本発神戸行きの飛行機だけ。
それをネット予約。
神戸のホテルはなかなか空室が見つからず2日間かけてなんとか予約。
よし!、よし!、と、厳しい条件をひとつずつクリア。
緻密な段取りを整えた満足感に酔ってしまった。

甑島から本土に向かう船は、前々日が欠航となった。よぎる不安。
2日続けての欠航はないだろう、とまだまだ本気では心配してなかった。
それが、日ごろの行いがよほど悪いらしい、何ヶ月ぶりの連日欠航。
まさかまさかのフェリー欠航で島から出られず。

ということで、往復飛行機&ホテルのキャンセル代1万円、マラソンエントリー代1万円が消えただけで終わってしまった。
・・・しっかりと準備したときに限って、どんでん返しがあるものなのだなぁ。

2011年10月 3日 (月)

サワラのでかさを実感

20111003_133910


20111003_133926


「サワラあるけど・・・」親方の電話はシンプルで、重さとか、数とかを細かく尋ねる雰囲気にならない。
「サワラ?いります、いります・・・」
と、
《本土に運ばないで!》
という気持ちが先走って、欲しい!ということだけしか伝わらずに電話は終わるのだった。

届いたやつは9キロ!。
クーラーボックスから半分はみだしてるやん。

久しぶりに刺身でサワラを味わっていただけて、お客様との魚談議が弾んだ。

2011年10月 1日 (土)

下甑島の運動会

気持ちよく晴れて、さわやかな風に大漁旗がたなびいている。
島の住人、こんなにいたのかぁ!とびっくりさせられる。

20111001_105552_2

去年に引き続き、コーラスグループのメンバー募集のために職場対抗リレーをジャック。
音符スカートに加えて、マイクまで持たされた。

20111001_110750

2011年9月 6日 (火)

甑島の夕焼け、メヒカリ、テーブルライト

思い返せば、行事、イベント、営業の波状攻撃で、あまり休みがない忙しい夏だった。

ちびりちびり、ぽつりぽつり。
飲みながらゆっくり話をする。
こんな夜は久しぶり。

でかい台風が遠ざかり、からりとした涼しい風が吹く浜はマツムシの声。
空は火事みたい。

20110905_182952

タカエビ漁の網にいっしょに入ってしまう深海魚メヒカリ。
から揚げ大好評。

20110905_190304


アートフェスティバル参加の方が作成したテーブルライトを鑑賞。
制作の過程など、お聞きするうちに、キヌガサタケの話になった。

20110906_213347_2

2011年8月27日 (土)

祝、作品完成! こしきアートプロジェクト

20110826_185123

こしきアートプロジェクトの学生作家の皆さん(下甑島展示メンバー)が来館。
学生作家さんの作品は、8月21日から展示開始。
これで下甑島の展示作品は計6作品となった。
イベント代表、美術評論家の方、島民サポーターも郷土料理持参で駆けつけてくださった。

観音堂、お寺の本堂、廃業した喫茶店、廃業した宿屋の2階・・・今回のメンバーの展示場所は一風変わっている。

展示希望地の探索・発見から、使用交渉、使用条件の確認・・・展示場所が決まるまで、なかなかのドラマがあったらしい。
展示場所が確定せぬまま、作品の制作を始めなくては間に合わない・・・たいへんでしたね。特に男子学生の諸君。できるだけ多くの島民に見てもらえるよう、声をかけまくらなくては。

2011年8月 6日 (土)

アオノリュウゼツランが開花

下甑島は南にあって、けっこう暖かいから、観葉植物のでかいのがあっても、まあ、別に驚かないのだけど、花茎が5mも伸びるのがあるとは思ってなかったので、びっくりした。

6月の始め、突然しゅるしゅると花茎が伸びだした。
何の支えもないのに棒が株の中央から成長していく。よく折れないものだ。

20110623_173356

20110623_173528

やがて蕾が膨らみ、現在のところ8分咲き。

20110801_145045_5

株の葉はやつれ始めている。養分を花茎や花に使ってるんだろう。
花茎はアスパラガスにそっくりで、ゆがいて食べたい!という衝動が湧き起こるのだが、1本しかないのでかろうじて我慢している。
どんな味なんだろう・・・

2011年7月20日 (水)

アートフェスティバル、今年は下甑島でも

例年、8月に上甑島で開催されていたこしきアートフェスティバル、今年はおいらの住む下甑島でも展示してもらえることになった。で、7月はじめから参加アーティストがここ手打と、長浜の集落内にも住み始めて制作しているとのこと。
なかなかアーティストご本人とお会いする機会がなかったが、きのう、当館をたずねてくださった。

忙しい最中に飲み会に強引に誘ってしまった。

20110719_192249_2

お二人はそれぞれ昨年も参加され、おいらも上甑島で作品を拝見させていただいていた。
去年の制作の苦労話や今年のプランなどのお話をたっぷり聞かせていただいた。
去年展示場所でおいらと交わした会話を覚えていてくださったりで、ちょっと感激しちゃったっす。

これからさらに数名の作家が下甑島に潜伏&制作の予定ありとのこと!
楽しみじゃ。

2011年6月24日 (金)

潜水士が海猿なら、測量士は海蝙蝠だな

20110623_064548


20110622_201803

第十管区海上保安本部の測量船いそしおの皆さんが来館くださいました。

最近、まんが『海猿』全12巻を読み終えたばかりだったので、お聞きしたいことが山ほどあった。

「漫画の中のさまざまな出来事、本当のことなんですか?」とストレートにお聞きしたら、「だいたいあんな感じ」との答え。
しかしながら、あの救助活動をする部署ではないのだそうです。
みなさんは、測量業務などをしていらっしゃって、救難の仕事をする部署とは別とのこと。

ソナーで海底を詳しく測量するのが任務。
入庁募集時から、所属部署は分かれているそうです。
部門間の異動はないんですね。
保安庁の人は潜水士目指すマッチョな人ばかり、という認識は間違っておりました。

測量業務の皆さんも、全国の管区に転勤はあって、いろいろな海のお話がたっぷり聞けた。
楽しかったっす。

2011年5月28日 (土)

流木君と再会

上甑島のお友達が結婚式を挙げるということで、押しかけさせていただくことに。

んが、前日夕方になって、予約していた昼便の「フェリーゆうき」が欠航との連絡coldsweats02
台風2号は、この時期にしてはめずらしく巨大・・・嵐を呼ぶカップルだったのね。

急遽、朝便の「フェリーニューこしき」に乗船。
フェリーは動いてくれて助かった。

予定より早く着いた上甑島。せっかくなので、評判のすし屋に9時前に予約を入れた。

大雨の中、予約したすし屋さんに到着すると、だれもいないgawk
しばらく待つと、大将がさかなをたくさん詰めたトロ箱を持って帰ってきた。
よかったぁ。
20110528_111650


20110528_111856

なんと、今朝、予約の電話を受けたことをまったく覚えていらっしゃらなかった。
・・・よっぽど深酒したのだなcoldsweats02
仕入れた魚で急いでランチ作ってくださると、キリリと職人のまなざしになった大将が言うので、店の中に入ると、なんと、あのなつかしい流木君がたたずんでいた。

20110528_110840

上甑島の各所で現代アートを展示するイベント、2009年のアートプロジェクトで目撃したスーパーマーケットの中に展示した奇天烈な人形、あの流木アートだった。

作家の学生君とも楽しく会話したので、たいへん親近感を持った作品だった。
会期が終わったら、旅館に飾らせて欲しいなぁ、と思っていた位・・・おいらも1体欲しい!って言っとけばよかった。

今回結婚式をあげるカップルは、このアートプロジェクト運営の中心メンバー。
おいらは、2年前お二人を拝見し、「この二人は惚れ合っておる。もうすぐ結婚する!」って確信しちゃったんだった。
そんなお二人の式の日に、再び流木君に会えるなんていうのは、すげー因縁を感じるっす。

寿司も評判どおりの豪華さ美味さで大満足。
中甑の「すし膳かのこ」は、住宅街の奥にあるのでわかりづらいけど、おすすめできる店でした。

2011年5月26日 (木)

甑島、梅雨入り

梅雨入りした。
この夏前のしっとりひんやりした時期はなかなか快適。
山はしっとりと瑞々しくて、落ち着いたよい景色だ。
もう少しで、目にする生き物がどわあっと増える。

蛍の目撃情報が聞かれるようになった。
宿の網戸にヤモリがへばりついてる。
そして、マムシの目撃情報やマムシに襲撃されちゃった情報も。

今日見た蜘蛛は、卵嚢かかえてた。
AWACSのレーダーみたい。
20110526_100521

裏から見るとこんな感じ。
20110526_100912

2011年5月16日 (月)

下甑島産びわ

20110516_173155

でっかいやつ、たくさんいただいた。

春先の気温が低かったので、生育が遅かったそう。
夏前にこんなにでかいやつをたくさん味わえるのは南の島ならではの幸せだな。

2011年5月 4日 (水)

甑島の雉

20110504_142755_2

ぽかぽか陽気の中、島の南の牧場に行ったら雉がのんびり歩いてた。
写真!写真!急がなくちゃ!!!
あわててばたばたしてピンボケばっかり(-_-)
雉は、すごくゆっくり歩いてくれてて、シャッターチャンスだったのになぁ・・・

もうそろそろジタバタしない歳になったのではと自分ではこっそり思っていたのだが、ぜんぜん変わってないっす。

20110504_142818


20110504_142839

甑島の夏の野菜

20110504_062754

下甑島手打集落の朝市は毎週水曜日7時から。

でも、島人は早起きなので、6時45分には、ほとんどの品物がなくなっている。
おいらは、「遅かねぇ!」と島の姉さん達にいつも笑われている。
それでも残った貴重な新鮮野菜をわけてもらっているのだった。

ところが、今日は、朝7時前に急いで駆けつけてみたら、いろんな野菜がごろごろ。

ゴールデンウィークで、地元に残っている人が少ないらしい。

久しぶりに好みの野菜をたっぷり吟味。
つやつやのビワ、ツタンカーメン紫豆、初物の空豆などなど、たっぷり仕入れた。
こんなにたくさんでたったの1000円だって。
助かるねぇ。

2011年4月 8日 (金)

甑島、港でのお見送り

異動の季節。
下甑島の長浜港で、静かなお見送りの場面に遭遇。

20110408_143530


«下甑島で石拾い

フォト

甑島でつぶやく

潮汐

無料ブログはココログ