グルメ・クッキング

2018年2月28日 (水)

酸っぱい夏ミカンジャム

ご近居から、夏ミカン70個いただきました。無農薬で安心安全。
カラスが群がり始めたので慌てて収穫したから食べてくれ~とのこと。ありがとうございます。確かにカラスのくちばし痕があるのが2つ混ざってた。

Img_0170
皮をむき、種と薄皮と実に分けます。宿が柑橘の香りでいっぱいになります。
Img_0001
種と薄皮を煮て、ペクチン液を作ります。
Img_0172

砂糖を重量比50%入れます。カロリー少なめにしたいのでセーブしているのですが、それなりに大量の糖分ですね~。
Img_0173
別の鍋で、表皮を煮たものを混入し、マーマレードも作ります。
Img_0177

8キロのジャムやらマーマレードやらソースやらができました。
酸っぱいので、甘いものが苦手な人に配ることにします。
まだまだ夏みかんはたくさんあるなぁ。
もう空き瓶がないぞ!ご近所に探しに行かなくては。
Img_0007

2017年8月11日 (金)

真夏でも魚種豊富

例年は、魚の種類が少ない夏。連日カンパチばかりが入荷するとか。

今年は、いろいろな魚が楽しめてます。カマス、サバ、フエダイ、アカハタ・・・
カマスの狂暴そうな歯や、眼球まで真っ赤なアカハタの輝く魚体に見とれながら、楽しくさばいてます。
Img_0063Img_0062

Img_0092

2017年7月27日 (木)

ブルーベリー収穫!

宿に10年前に植えたブルーベリー、今年はけっこう実ってる。

残念ながら、ちっとも甘くない・・・
Img_0004

2017年7月18日 (火)

身厚鯖寿司願望

Img_0012_3

デカくて旨そうな鯖が2尾、届いて、突然、鯖寿司作るぞスイッチが入った。

「ばってら昆布」なる昆布スライスを、買いこんだのは、京都いづうの鯖寿司を時々食べるようになり、分厚い食べごたえのある鯖寿司を自分でも作るのだ、という理想に燃えたからだったなぁ・・・鯖寿司、買うと高いし。

で、昆布スライスのせて作ってみて、いづうの鯖寿司と見た目も近くなったけど、昆布を用意する手間とコストを考えると、しめさばに酢飯を入れるだけで十分ではないかと思う。自分で作って、納得できたので、次は、昆布より、飯に工夫をしたい・・・シソをいれようか、ゴマと生姜も・・・・

Img_0009_2 Img_0010_2

2015年11月20日 (金)

島の食を盛り込んだ弁当作り

宴席の食事依頼をいただきました。食に詳しいお姉さまがたが甑島各地から集まるとのことで、緊張しました。

Img_2051ご近所の皆さんにお手伝いいただくことになったので、珍しくちゃんと設計図を作りました。
これがあると、口頭での指示が減って、楽です
Img_2060









あざやかなハンダマが届いて、元気な献立になりました。


Img_2061








笹巻スマガツオ寿司。
食べやすいと好評でした。





Img_2064










皮が赤い大根が届いたので、しめさばでサンド。この組み合わせ、気に入りました。

Img_2065
島の食材をあちこちから調達し、楽しい料理でした。
Img_2066

2013年6月30日 (日)

厨房が夏らしくなります

近くの農家さんが採りたて野菜セットを届けてくれました。豊かなり、下甑島。

20130630_181859

2011年5月 4日 (水)

甑島の夏の野菜

20110504_062754

下甑島手打集落の朝市は毎週水曜日7時から。

でも、島人は早起きなので、6時45分には、ほとんどの品物がなくなっている。
おいらは、「遅かねぇ!」と島の姉さん達にいつも笑われている。
それでも残った貴重な新鮮野菜をわけてもらっているのだった。

ところが、今日は、朝7時前に急いで駆けつけてみたら、いろんな野菜がごろごろ。

ゴールデンウィークで、地元に残っている人が少ないらしい。

久しぶりに好みの野菜をたっぷり吟味。
つやつやのビワ、ツタンカーメン紫豆、初物の空豆などなど、たっぷり仕入れた。
こんなにたくさんでたったの1000円だって。
助かるねぇ。

2010年11月 7日 (日)

甑島は野菜も多いよ

本日のお客様から、「野菜をいっぱい食べたい」とのリクエスト。

さつまいも、さといも、きゅうり、かぶ、ねぎ、かぼちゃ・・・見渡すと、多くの種類の甑島産野菜が出番を待っている。

野菜料理がメインの膳の中に、魚料理はキビナゴの酢のものなど2品のみ。
それがかえって魚の存在を強調できてるゾ!と思った。

昨日のお客様も、海辺に旅すると、魚メニューが並びがちなので、野菜を食べたくなることがあります、とおっしゃっていた。
野菜料理のボリュームを思い切って増やしてもいいのかも。

島みかんも食べごろ
20101030_105014

 

2010年10月28日 (木)

茗荷、やっと収穫

20101028_152315

磯口旅館の薬味の供給源として期待され、春に裏の畑に植えられた15本の茗荷達は、厳しい夏をものともせず、元気な葉っぱをわさわさと茂らせていた。
だが、肝心の花芽はいっこうに現れず、9月の茗荷高騰の時期にもまったく貢献してくれなかった。
・・・1年目の今年は無理かなぁ、とあきらめていた。

今日、なにげなく茎の元を見ると、薄赤紫の花芽が地面から顔を出しているではないか!
あわせて10個ほど。
待ったかいがあったなぁ。かわいいぞ。

手に取ると、しっかり茗荷の香りがする。うれしい。
小さくてすかすかのものもあるけど・・・
来年に向けて、大事に育てよう。

ご近所の畑には大根やニンジンの葉っぱが揺れている。
あちこち無人野菜売り場にも、かぼちゃやサツマイモなどが並んでいて、やっと野菜が出回り始めた感じ。

ご近所の農園ではパッションフルーツが実っていた。
20101028_151725

20101028_151639

そして、バナナの花や実
20101025_163711


20101025_170645


20101025_170625

あらためて甑島は南国なのだなぁ・・・と思う。

2010年10月20日 (水)

甑島の未知の食材

ご近所の方からご紹介いただいた食材

20101020_064840

赤いガクの部分がさわやかな酸味を持っていて、酢の物などに使えるかも。

まだまだ知らない食い物がこの世にはあるのだなぁ・・・
勉強が足らんなぁ・・・

20101020_065010

ナタマメ。
乾燥した鞘に入っているとき、マラカスのようにカチャカチャと楽しい音がする。
楽器として使えるのでは?と思った。