旅行・地域

2017年9月 1日 (金)

9月も鹿の子百合、楽しめます

Img_0605 Img_0548「もう、鹿の子百合は見られませんか?」というお問合せをいただくようになりました。

ところがどっこい、しもこしき島片野浦の「みっちり百合草原」は、例年8月末から9月が盛り、他の地区より1月ほど開花時期が遅れます。
漁港から、北側斜面に作られた登山道のようなちょっと険しい道を海を左手に眺めながら15分ほど登ると、斜面全体が鹿の子百合とカンゾウに埋め尽くされた場所に到着。
花の量がすげーです。
花の密度がすげーです。
百合の香りのかたまりが時々押し寄せて、むせかえります。
蕾もたくさんあったので、もう少しの期間、楽しめそう。
Dsc08752Img_0543

2011年9月 6日 (火)

メヒカリ、テーブルライト

思い返せば、行事、イベント、営業の波状攻撃で、あまり休みがない忙しい夏だった。

ちびりちびり、ぽつりぽつり。
飲みながらゆっくり話をする。
こんな夜は久しぶり。

でかい台風が遠ざかり、からりとした涼しい風が吹く浜はマツムシの声。
空は火事みたい。

20110905_182952

タカエビ漁の網にいっしょに入ってしまう深海魚メヒカリ。
から揚げ大好評。

20110905_190304

アートフェスティバル参加の方が作成したテーブルライトを鑑賞。
制作の過程など、お聞きするうちに、キヌガサタケの話になった。

20110906_213347_2

2011年8月 6日 (土)

アオノリュウゼツランが開花

下甑島は南にあって、けっこう暖かいから、観葉植物のでかいのがあっても、まあ、別に驚かないのだけど、花茎が5mも伸びるのがあるとは思ってなかったので、びっくりした。

6月の始め、突然しゅるしゅると花茎が伸びだした。
何の支えもないのに棒が株の中央から成長していく。よく折れないものだ。

20110623_173356

20110623_173528

やがて蕾が膨らみ、現在のところ8分咲き。

20110801_145045_5

株の葉はやつれ始めている。養分を花茎や花に使ってるんだろう。
花茎はアスパラガスにそっくりで、ゆがいて食べたい!という衝動が湧き起こるのだが、1本しかないのでかろうじて我慢している。
どんな味なんだろう・・・

2011年7月20日 (水)

アートフェス、今年は下甑島でも

例年、8月に上甑島で開催されていたこしきアートフェスティバル、今年はおいらの住む下甑島でも展示してもらえることになった。で、7月はじめから参加アーティストがここ手打と、長浜の集落内にも住み始めて制作しているとのこと。
なかなかアーティストご本人とお会いする機会がなかったが、きのう、当館をたずねてくださった。

忙しい最中に飲み会に強引に誘ってしまった。

20110719_192249_2

お二人はそれぞれ昨年も参加され、おいらも上甑島で作品を拝見させていただいていた。
去年の制作の苦労話や今年のプランなどのお話をたっぷり聞かせていただいた。
去年展示場所でおいらと交わした会話を覚えていてくださったりで、ちょっと感激しちゃったっす。

これからさらに数名の作家が下甑島に潜伏&制作の予定ありとのこと!
楽しみじゃ。

2011年6月24日 (金)

海猿ならぬ海蝙蝠

20110623_064548

20110622_201803

第十管区海上保安本部の測量船いそしおの皆さんが来館くださいました。

最近、まんが『海猿』全12巻を読み終えたばかりだったので、お聞きしたいことが山ほどあった。

「漫画の中のさまざまな出来事、本当のことなんですか?」とストレートにお聞きしたら、「だいたいあんな感じ」との答え。
しかしながら、あの救助活動をする部署ではないのだそうです。
みなさんは、測量業務などをしていらっしゃって、救難の仕事をする部署とは別とのこと。

ソナーで海底を詳しく測量するのが任務。
入庁募集時から、所属部署は分かれているそうです。
部門間の異動はないんですね。
保安庁の人は潜水士目指すマッチョな人ばかり、という認識は間違っておりました。

測量業務の皆さんも、全国の管区に転勤はあって、いろいろな海のお話がたっぷり聞けた。
楽しかったっす。

2011年5月28日 (土)

流木君と再会

上甑島のお友達が結婚式を挙げるということで、押しかけさせていただくことに。

んが、前日夕方になって、予約していた昼便の「フェリーゆうき」が欠航との連絡coldsweats02
台風2号は、この時期にしてはめずらしく巨大・・・嵐を呼ぶカップルだったのね。

急遽、朝便の「フェリーニューこしき」に乗船。
フェリーは動いてくれて助かった。

予定より早く着いた上甑島。せっかくなので、評判のすし屋に9時前に予約を入れた。

大雨の中、予約したすし屋さんに到着すると、だれもいないgawk
しばらく待つと、大将がさかなをたくさん詰めたトロ箱を持って帰ってきた。
よかったぁ。
20110528_111650


20110528_111856

なんと、今朝、予約の電話を受けたことをまったく覚えていらっしゃらなかった。
・・・よっぽど深酒したのだなcoldsweats02
仕入れた魚で急いでランチ作ってくださると、キリリと職人のまなざしになった大将が言うので、店の中に入ると、なんと、あのなつかしい流木君がたたずんでいた。

20110528_110840

上甑島の各所で現代アートを展示するイベント、2009年のアートプロジェクトで目撃したスーパーマーケットの中に展示した奇天烈な人形、あの流木アートだった。

作家の学生君とも楽しく会話したので、たいへん親近感を持った作品だった。
会期が終わったら、旅館に飾らせて欲しいなぁ、と思っていた位・・・おいらも1体欲しい!って言っとけばよかった。

今回結婚式をあげるカップルは、このアートプロジェクト運営の中心メンバー。
おいらは、2年前お二人を拝見し、「この二人は惚れ合っておる。もうすぐ結婚する!」って確信しちゃったんだった。
そんなお二人の式の日に、再び流木君に会えるなんていうのは、すげー因縁を感じるっす。

寿司も評判どおりの豪華さ美味さで大満足。
中甑の「すし膳かのこ」は、住宅街の奥にあるのでわかりづらいけど、おすすめできる店でした。

2011年5月26日 (木)

甑島、梅雨入り

梅雨入りした。
この夏前のしっとりひんやりした時期はなかなか快適。
山はしっとりと瑞々しくて、落ち着いたよい景色だ。
もう少しで、目にする生き物がどわあっと増える。

蛍の目撃情報が聞かれるようになった。
宿の網戸にヤモリがへばりついてる。
そして、マムシの目撃情報やマムシに襲撃されちゃった情報も。

今日見た蜘蛛は、卵嚢かかえてた。
AWACSのレーダーみたい。
20110526_100521

裏から見るとこんな感じ。
20110526_100912

2011年5月16日 (月)

下甑島産びわ

20110516_173155

でっかいやつ、たくさんいただいた。

春先の気温が低かったので、生育が遅かったそう。
夏前にこんなにでかいやつをたくさん味わえるのは南の島ならではの幸せだな。

2011年4月 4日 (月)

下甑島で石拾い

今年は、寒い3月だった。例年、3月になれば暖房はいらなくなるのになかなかストーブがてばなせなかったっす。
4月になってやっと暖かくなった。
ぽかぽか陽気にさそわれて、貝がらや石ころを拾いに海岸散歩に行く日も増えるのだった。

手打の海岸に貝殻ロードができている。

20110403_094233

20110403_094813


この花はなんていう名前なんだろう?今年は群生している。
20110403_100104

下甑島の東海岸の佐ノ浦は、礫浜。
20110401_151900

20110401_151911

さんごのかけらを拾うのも楽しい。
20110402_233828

3月に、友人一家が東京から来島。
ご家族で西海岸に石を拾いに行った。
20110319_210609_2

お父さんとお母さんと息子さん、それぞれ、ぜんぜん違うタイプの石が好みということが判明した。
「石ころ占い」作るか?!
ちなみに、まんなかがおかあさんが集めてきた石。
家族から、でか!多!とびっくりされてました。

東京からのお客様、「余震が怖かったので、島に来て和むことができた」とおっしゃっていました。
まだまだたいへんな時期に島まで来てくれて感謝でした。

2011年3月29日 (火)

カンパチのことをアカバラと呼ぶ

頭の模様、上からみると八の字に見えるからカンパチというのは知っていた。
親方が船の上で絞めると、体色が見る見る赤く変化した。
だからアカバラって呼ばれるのか!納得。

20110329_073004

20110329_073035

 

より以前の記事一覧