日記・コラム・つぶやき

2018年4月 3日 (火)

キビナゴと泳ぐ

気温26度、潮も引いたので、シュノーケリング。
宿から歩いて2分で水中です。
体を動かさずにプカプカしているとキビナゴの群れが至近距離まで来ます。

Img_0063

Img_0061

Img_0003 Img_0026 イソギンチャク。







ウミウシも。

2018年3月30日 (金)

漁港まで朝散歩

穏やかな春の陽気だったので、お客様をお誘いして、手打港まで散歩。

海を覗き込むと水イカがプカプカ浮かんでいる。

Img_1536
サクラダイの出荷作業
Img_1551
計量作業を見学させていただいた。
Img_1568001
鯛、カゴカキダイ、ニセタカサゴ、ヒラスズキ、カンパチ・・・天然の新鮮な島のスター達を紹介することができました。
Img_1557001

2018年3月12日 (月)

連泊のお客様に向けて

3泊のご予約をいただいた。
魚が美味い季節、できるだけいろいろな魚を味わっていただきたい。
「いろいろな種類があるとうれしいのだけど・・・」と親方に伝えた。
3日後、実にバラエティ豊かな魚が入荷。さすが。
同魚種、同サイズが市場に出荷しやすいので、単一魚種を狙いたいだろう。
これだけの種類を出荷もできるように獲るために、違う仕掛け、違う時間帯で漁をしなければならないはずだ。
ひとり船で、長時間の過酷な労働を強いているかも、と心配になる。
親方の頑張りに報いていかなくては。
この季節、脂がのった多種の魚を仕入れることができている幸運を心に留めて、美味い魚料理を出すことに集中させていただこう。
お客様とは、魚や料理の話をきっかけに、島の魅力を語らうことができている。
Img_0004

2018年1月 2日 (火)

新春漁船パレード

正月2日は、宿の目の前、しもこしき島手打湾で漁船パレードが行われます。
例年になく寒い冬になっていますが、多くの船が参加しています。
漁の安全と大漁を願いました。

Img_1712_4

いつも新鮮な魚を届けてくれる勝丸や漁福丸も大漁旗を靡(なび)かせています。

Img_1714_2
Img_1841_3

一人船もたくさん参加。
白波を突っ切る姿は勇壮に見えるけど、寒そう。

Img_1833_2

2017年12月17日 (日)

漁網公園

足柄森林公園丸太の森(神奈川県南足柄市)にできた、漁網公園(パカブ)に行きました。

「フランスの小さな島の漁師達が始めた島おこしプロジェクト」、と紹介されていたので、体験したかった。
1度に200人が遊べる、としているだけあって、でかい構造物で、遊ぶフロアと、通路、滑り台など、すべて、網やロープでできています。
不安定な足場で弾みながら歩かされていること自体がなんだか楽しくなってしまいます。
こしき島にも設置したいっす。
Img_1300_2

Img_1298

Img_1314

Img_1329
 

2017年12月 3日 (日)

漁師の心意気

しもこしき島手打の漁師さんは、ときどき島民向けの鮮魚販売「おさかな市」をしてくれる。
師走の市は、魚種も多く、加工品もたくさん並び、楽しい集まりになりました。

Img_0045_2

Img_0018

Img_0047 Img_0048
キビナゴやバショウカジキも振る舞われました。美味かった!
Img_0033
やっぱり炭火焼きは美味いねぇ
Img_0039
島を離れて暮らす家族に魚を贈りたいという人も多いので、宅配便のトラックもかけつけています。
Img_0054

2017年11月 2日 (木)

しもこしき島の西海岸見学会

しもこしき島西海岸の海食崖鑑賞会に参加させていただきました。
冬のこの時期、風と高い波を覚悟しておりましたが、奇跡的な凪で揺れることもなく、ゆっくりと断崖観察と撮影を楽しみました。
瀬々野浦港の漁船をチャーターしたので、好きな岩をすきなだけ眺めることができる贅沢な時間です。狭い海蝕洞にもスルスルと入ってもらえました。
ナポレオン岩にカツヲドリが多く棲みつくようになっていて、白っぽい岩肌になっておりました。
西海岸の遊覧、通常は、上甑島発着の遊覧船「かのこ」に乗船する必要があります。その場合は、長い距離をかなりのスピードで進むので、大きなエンジン音と上下の揺れに耐えなくてなりません。狭いところには入れません。漁船での遊覧を、観光のお客様も楽しめるような仕組み、ぜひ作りたいです。
Img_0419

Img_0542

Img_0052

2017年10月 5日 (木)

十五夜綱引き

昨夜は、旧暦八月の十五夜。
浜で、かずら綱引きが実施されました。
お泊りのお客様にも飛び入り参加していただきました。
オーストラリアからいらしたラガーマン氏、十人力ぐらいになったかも!
大きな外国人を見つけて、子供たちが集まってきます。臆せず英語で元気に話しかけている子供たち。英会話、してみたいんですね。
島の国際化、確実に始まっております。

Img_0006
Img_0019
Img_0018001

Img_0005
Img_0032

2017年7月12日 (水)

梅雨開けの空に雲が踊っていた

山にまとわりついていた霧のような雲が、するすると海面まで降りてくると梅雨開けの知らせと教わった(「潮を舐める」と言うのだとか)。
ちゃんと翌日、青空が現れた。

Img_0094

多種多様な雲があちこち現れ、流れ、消え、また現れる。

雲を眺めて、自然に背筋が伸びるのを感じて気持ちいい。
夏、来たな。

Img_0102

2017年7月 7日 (金)

鹿の子百合、磯口旅館の一輪目

Img_0046_2